体験ダイビングのための準備

宮古島でのダイビングは、多くの人に勧められるおすすめのマリンアクティビティになります。
実際にダイビングをするためにはライセンスが必要だったりしますが、体験コースであれば、ある程度の準備さえしておけば、ダイビングを始めることができます。

■体験ダイビングのために必要なもの

宮古島のマリンショップなどに行って、体験ダイビングをしたいと思ったら、まずはお店選びからスタートします。
お店によっても微妙にガイドラインが変わってくるところですが、実際にダイビングをするにあたって、参加する人が持っていくものはそう多くはありません。
せいぜい、水着やその他タオルなどの最低限なもので、それ以外の本格的な設備についてはマリンショップ側で提供してもらえることになります。
なので、最初から高額な設備や装置を買ってお金をかけてダイビングに臨まなければならないというわけではないのです。

■マリンショップでの機材のレンタル

ダイビングに必要な装備としては、シュノーケルや酸素タンクなどがありますが、これは個人が一人で用意しようと思うとなかなか大変なものです。
なので、こういったものについてはマリンショップ側から貸し出しの準備がしてあり、これを利用することができます。
もちろん、自前のものを持っていて、それを使いたいという場合には、それを申し出ることでも使うことは可能かと思います。

■レンタルでも安全性は保証

マリンショップによって細かな規定は変わってきますが、基本的にレンタルをすればその分お金がかかることになります。
マリンショップ側も、体験者の安全を確保するためなので、機材のチェックと安全管理については万全を期していますので、安心してください。

関連する記事