ダイビング後に気を付けること

宮古島の綺麗な海を存分に体験するためには、実際にダイビングで潜ってみるのが一番かもしれません。
水と一体になることができて、神秘的な体験をすることができるでしょう。

■ダイビングの後のマナーを意識して

ダイビングの体験はとても楽しく素晴らしいもので、ついつい気持ちが緩んでしまうかもしれません。
ですが、一度ダイビングが終わったら、何かマナー違反なことを残してしまっていないかどうか、今一度落ち着いた心で確認する必要があります。
特に、問題になりがちなのがよくある海のマナーで、ごみをそのままにしてしまって、放置して帰ってしまう、ということです。
自分では何気ない小さなごみのつもりでも、その土地にいる人にしてみたら迷惑なものになりますし、これから来る人にとってもあまりよい気持ちにはなりませんので、気を付けましょう。

■ダイビング後の自分の体調に気を付けて

ダイビングは水に深く潜っていくアクティビティですから、普段と違う環境に身を置くことになります。
水の中という特殊な環境にしばらくいると、その後に体調に変化をきたすこともあります。
例えば、減圧症などはよく知られていますが、ダイビングを行った後は一定時間飛行機に乗ることが禁じられています。
このあたりの注意事項は、ダイビングを行うときにインストラクターから注意が行われるかと思いますので、しっかり聞いて従いましょう。

■何か不調を感じたら医師に相談

楽しいダイビングの体験と思い出をそのままにしておくため、その後何か体に不調を感じたら、すぐに医師に相談をするようにしましょう。
ほかの人が同じことをしてまったく問題がなかったといっても、それが自分の体の場合はどうなるかはわかりません。
人によって体質も変わってきますから、ダイビング後の自分の体調管理もしっかり行いましょう。

関連する記事